新築でも中古でも、マイホーム取得には諸費用が必要

 広告や帖報誌などで「頭金〇円」というコピーを見かけることがあります。しかし分譲マンションも一戸建て住宅も、頭金は○円でも、マイホーム収得のためには諸費用が必要です。

費用

 諸費用というのは、本体価格以外の費用のこと。おもなものは、不動産契約書の印紙代、不動産収得税、登録免許税、登記手数料(司法書士や土地家屋調査士への報酬)、消費税、固定資産税、都市計画税、住宅ローン契約書印紙代、ローン事務手数料、抵当権設定登記費用、団体信用生命保険料、火災保険料、地震保険料などです。また、不動産業者から陥入する場合に
は、不動産仲介手数料なども必要です。

 マンションの場合はさらに、長期修繕計画に基づいた一時預かり金(負担金)と冷暖設備費、インテリア関連費用(照明、カーテン等)など、一戸建て住宅では、ガス加入権、水道負担金、造園工事費、地鐃祭費用、上棟式費用など、実に多くの別途費用が必要にってきます。

ガス代

もちろん、完成祝いや引っ越し代、仮住まいが必要な場合はその家賃などもかかってきます。
 この諸費用の平均的な考え方は、マンションの場合は本体価格の5~10%程度、一戸姓て住宅の場合は15~20%程度が目安となります。最近の新築物件の中には、これら諸費用の全額まで提携銀行の特別ローンの枠で賄える物件も出てきましたが、頭金とは別に諸費用分を用意しておくのが一般的です。


大阪府内で引越し先を探し中の人はいますか?もしいましたら,ぜひオススメしたいエリアがあります。
それは,池田市です。
私は今池田市の賃貸物件で生活していいるのですけど,池田市ってかなりおもしろい政策があるって護損でしょうか?なんと市内では,お子さんを4人産まれた家庭には,車を一台無償で貸与してくれるみたいなんです。
私達家族はまだ子どもが3人しかいませんが,あと一人産んでみようかななんて主人と話し合っている最中です。動物園もあるため,休日には子どもを連れて楽しめれるので,池田市の賃貸物件で暮らせて本当によかったなと感じています。
また電車や国道が整備されているため,大阪市まで通勤しやすいため,池田市以外で生活することを考えることができません!

滋賀県の草津市は,滋賀県の南西部にあって,大津市に次ぐ人口の都市です。
東海道本線や草津線なども通り,バス路線も充実しています。
名所や旧跡も多くあり,観光客なども多く訪れます。
そんな草津市のなかでも南草津駅周辺がいいみたいです。
草津線の愛称で琵琶湖線とも呼ばれ,上りが草津・米原方面,下りが京都・大阪方面となり交通の便もとてもよいのです。
大学キャンパスがあり,その玄関口として発展してきていますので,学生向けの賃貸物件などがたくさんあります。
駅周辺にもショッピングセンターやスーパー,公共施設や金融機関なども多いので,住環境が整っているといえるでしょう。
そんな南草津エリアで賃貸物件に住めば,快適に暮らせそうです。
なので,早く南草津の賃貸のお部屋に引越しをしたいです。南草津で賃貸はとても人気です。

東京都内屈指の高級住宅街として有名な,青山。最新のファッションやグルメが青山に集まっていて,日本のみならず世界中のセレブを魅了しています。
そんな青山に立ち並んでいる高級マンションは私からすると,とても手の出すことができないなーなんて思っていました。
しかし,色々調べてみるとリーズナブルなマンションも青山エリアには充実していて,以外にも手が届くものも結構あるんですよ。こんな私でも憧れの地「青山」に住めるかもしれないと思うとかなりわくわくします!いつか青山に住むことを夢見て,今日も仕事をがんばってお金を溜めようと思います!