戸建てもマンションも受けられる、住宅ローン特別控除

 1999(平成11)年度から実施されている住宅収得等特別控除は、当初の予定では、2001(平成13)年6月末で終了するはずでした。しかし、景気の低迷か若干の修正を行って、2003(平成15)年度末までは、引き続き利用できるようになりました。
 おもな特別控除の内容は、住宅を取得(購入)してから10年間にわたって合計最高500万円まで所得税の控除を受けられる、というものです。各年度の控除額は、年末の住宅ローン残高×1%(最高50万円)です。
 また、土地と建物の両方が搾除対象になるため、マンションにかぎらず土地付き戸建て住宅を購入した場合でも、同じ内容の控除が受けられます。

戸建て

<住宅取得資金贈与の特例が拡充された>
 住宅を購入する際に支払う頭金ですが、実は、購入者の半数以上は親族からの援助、つまり「贈与」を受けています。援助を受けた費用のうち、2001(が成13)年6川までは300万円までが非課税とされていましたが、制度が変更されて、2003(平成15)年度末までは550万円までが非課税と、大幅に枠が緩和されました。ただし、贈与を受けた年の翌年末までに、新しい住宅収得以前に住んでいた購入者名義の住宅を売却することを前提としています。もしも売却ができない場合には、過小申告加算税と延滞税が課せられてきます。
 また、一定の条件を満たした増改築など、リフォーム資金にもこの制度が適用されます。

<購入契約はあせらず慎重に>
新聞、雑誌やテレビなどでも「住宅ローンの金利が底値で、しかも住宅ローン特別控除の適用も受けられるこのチャンスを利用してマンションを買おう」と宣伝され、「住宅を買うなら今だ」と考えている人も多いことでしょう。たしかに低金利と所得悦控除は魅力ある制度ですが、だからといって買いあせらないことです。低金利の背景を考えてください。そこには低迷する景気、そしてその回復の兆しがいつまでたっても見えないことがあります。

住宅ローン

 そのような状況の中で、人生でいちばん高価な買い物を決断するには、確かな計画性と慎重さが必要です。見かけの情報に踊らされることなく、後悔のない物件選びを行うと同時に、無理のない返済計画を立てられるときが、最大の買い時といえるでしょう。


奈良県といえば,世界遺産が沢山あって歴史深い感じで有名なものが沢山ありますよね。歴史文化が学べて関西エリアの中でも一番住みやすい奈良県に引越しを考えている方におすすめなエリアが西大寺エリアです!
西大寺といえば,毎月二月に行われるはだか祭で有名で約2週間ものあいだ開かれる盛大な祭りの一つです。夜には花火も打ち上げられとてもキレイな光景を目に出来ることでしょう。
西大寺エリアはショッピングモールなどもあるので買い物や必要なものを揃える面に関しては大変便利だと思います。西大寺駅の近くには有名なサンドイッチ屋さんや,飲食店もあるので,時間があるときに観光がてら訪れるのも良いかもしれませんね。
西大寺の賃貸物件なら世代問わず快適な暮らしができるのでぜひこの機会に探してみてはいかがでしょうか?
西大寺の賃貸物件に住んで、充実の生活をスタートしましょう。

近畿大学に通う学生の方に,近畿大学付近で下宿先を探すことをお勧めします。私は以前,近畿大学に通っていた者です。実家から大学に通うには時間かかなりかかっていたので,途中から下宿を始めました。大学の付近には学生向けの下宿先が豊富。大学から徒歩圏内の場所でしたら,電車代なども節約できます。一人暮らしを検討している方,近畿大学付近で,下宿先を探してみませんか。

インターネットが主流になっている現代では,マンションなどの物件で「無料インターネット使い放題」という感じの広告を見かけることも多くなりました。確かに,今の時代はインターネットの利用が当たり前で,スマホもネットが無いと,ただの四角い箱同然になってしまいますよね。パソコンでも,何かとネットに接続しないと使えないですし。私はマンションの購入を考えているのですが、やはりネットが完備されているかを重要視してしまいます。都内のマンションでインターネットが完備されている物件。人気が高く、中々空室がないみたいですね。